スタッフ紹介
どろん子のスタッフをストーリーズ形式で紹介します!今回は真夏だったのでお外での映像はないですが、リアルなどろん子ライフの描写とみんなの「どろん子自慢」を載せました。画面をタップしてさっそく見てみましょう!
園長

たみちゃん

私のどろん子自慢
「どろん子」は小さな保育園。ひとりひとりの顔が見えて、仲間や大人を信頼できて、相手の思いも尊重できるようになる。幼児期はこれぐらいのコミュニティが大切。この体験が人生の原風景となり、心の居場所となってくれると信じています。
好きな給食「トマトシチュー」
好きな遊び「どろんこあそび」
スタッフ

みさ

私のどろん子自慢
冬のさんぽ。冷たい空気を吸い込んで、山道をかけていく気持ちよさ。山の斜面を落ちるようにすべりおり、しがみつきながらよじ登り、どこに出るかかわらないところを相談しながら遊んでいくスリル。最高です!!
好きな給食「味噌汁、お吸い物.. とにかく汁物!」
好きな遊び「冬の山のさんぽ」
スタッフ

ともちゃん

私のどろん子自慢
私自身十数年どろん子で保育に携わり、3人の子育てをしてくる中で実感していること。幼児期に必要な「五感」を使った遊びを仲間と一緒に思いっきりすることで心も体も解放されて自分を出すことができる。この体験が後々大きくなったときに自信となり「生きていく力」に結びついていく!
好きな給食「みそ汁」
好きな遊び「寺家のおさんぽ」
スタッフ

ゆみこ

私のどろん子自慢
山、畑、田んぼ、河原、神社が歩いて行ける距離にあること。季節を肌で感じて自然にそって生きられるところ。澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んで心も体も解放できる。
好きな給食「きゅうりのぬか漬け」
好きな遊び「リズム遊び」
調理

しんさん

私のどろん子自慢
どろん子のおやつは全部手作り。サクサクごまクッキー、豆腐の焼きドーナッツ、卵なしでもふわふわ小豆ケーキ、ご飯で五平餅、最近は揚げ素麺のきな粉砂糖がけを作りました。おやつなあに?の声が今日も聞こえます。
好きな給食「切り干しと大豆のトマト煮」
好きな遊び「リズムのホップステップジャンプの歌」
調理

けいこさん

私のどろん子自慢
一緒に笑って一緒に泣いて、思いっきりケンカしあえる仲間と共に、自然いっぱいの寺家の季節を感じながらの毎日のおさんぽ、お腹ペコペコになって食べるこだわり給食、温かな眼差しで見守ってくれるスタッフ。
好きな給食「厚揚げと夏野菜の味噌炒め」
好きな遊び「あったかさん散歩」
調理

りっちゃん

私のどろん子自慢
それぞれの素敵な個性を大人におおらかに受け止めてもらい、お互いの力で豊かに育ちあっていく子どもたちが素晴らしいなと思います。給食には、近くの農家さんの、今季初物野菜、が登場することもあります。
好きな給食「天然素材のだしで作る汁物」
好きな遊び「クッキング」
パートスタッフ

ゆみちゃん

私のどろん子自慢
大人も子どももみんな「人」としてお互いに認めあって関わりあっている毎日。こどもたちのひとことひとことに込められた思いをしっかり受け止めて答えていける保育が展開されている「どろん子」。こどもと一緒に大人も成長させられています。
好きな給食「夏野菜カレー」
好きな遊び「秋の寺家散歩」
パートスタッフ

ひろみ

私のどろん子自慢
毎日の活動の中で子どもたちの意見を尊重し、散歩や室内遊び、リズム、庭での泥遊び、どれもが大人の私も夢中になってしまいます。この自然の中でどろん子の仲間たちと過ごす時間は本当に自慢です。美味しい給食も大自慢。
好きな給食「全部」
好きな遊び「昆虫探し」
パートスタッフ

みーちゃん

私のどろん子自慢
どろん子ちゃんの足!ですかねー。白焼けした鼻緒の跡がくっきり残った地面を(正確には草履を)シッカリと踏みしめた力強い足。どろん子ではたくさんの根っこが育ちますが、たくましく力強い足もその一つだと思います。
好きな給食「ラーメン🍜」
好きな遊び「木の実拾い」